ポケモンカード ドリームリーグ 新カードデッキ紹介

はじめに

お久しぶりです、あげモン(@AgemonUP)です。強化拡張パック「ドリームリーグ」が公開されました。前回のパックはシールド戦向けという理由もあり、構築に影響を与えるカードは少なかったように感じましたが、今度のパックは一転、環境に大きく影響を与えてくれそうなカード達がゴロゴロ見られます!9月以降の大型大会でドリームリーグのカードを多く見ることになりそうです。今回も自分なりに新弾の注目カードについて紹介しますので是非ご覧になってください。

レシラム&ゼクロムGX+ほっぺのつどい

ドリームリーグの中でとびっきり輝いているカードはやはり新TAG TEAMの「レシラム&ゼクロムGX」ですね!

3エネトラッシュで270ダメージというTAG TEAMを滅ぼしにきたと言わんばかりのテキストです。どのようにしてベンチポケモンにエネルギーを貯めるかという点が課題となります。方法は以下のようなものがあります。

  • カキと溶接工等のサポート貯める
  • アーゴヨンのチャージアップ等の特性で貯める
  • フルドライブ等のワザで貯める

これらの中で、今回選んだのは3つ目のワザで貯める方法です。選んだワザはパチリスの「すりすりはつでん」。いわゆる「ほっぺのつどい」デッキにレシラム&ゼクロムGXをこっそり忍ばせた奇襲デッキです。

サンプルデッキはこんな感じ。

新カードのライチュウがほっぺすりすりを持ちながら、「パワフルスパーク」という強力な技を持ってきてくれました!そこで、序盤はほっぺのつどいで大量に展開してライチュウで戦っていくプランを取ります。つどいデッキは中盤以降はベンチのエモンガ達にエネルギーがついたままであるため、それをレシゼクTAGで終盤の火力に変えて奇襲を狙います。アーゴヨンやべべノムが見えていればなんとなくレシゼクTAGの存在を察することができますが、つどいデッキから突然とんでくるレシゼクTAGはまさに脅威でしょう!新弾にはつどいデッキ大幅強化のサポート「ホミカ」も収録されているため2ターン目以降手札はどんどん増えていきます。今回レシゼクTAGのGXワザはほとんど使用することがないと思うので、GXワザ枠として、つどいデッキのお供である「カプ・コケコGX」を採用してあります。

ソルガレオ&ルナアーラGX+ソルガレオGX+ルナアーラGX

新TAG TEAM 「ソルガレオ&ルナアーラGX」がリーリエとともに登場!サンムーンシリーズのアニメを見ていたり、ゲームをしている方にはなかなか胸熱な展開ではないでしょうか!コスモッグとリーリエの冒険を思い出させる素敵なカードです。そこで今回はコスモッグ要素をふんだんに詰め込んだデッキを考えてみました。サンプルデッキはこんな感じ。

ルナアーラGXはHP250でありながらエネルギーを動かせる「サイコトランス」の特性を持っています。育てるのに時間がかかる代わりに倒されにくいというのが他のトランス系との違いです。ソルガレオGXのワザ「ターボストライク」はトラッシュからエネルギーを2枚持ってこれるため、ルナアーラGXと相性がよく、また「ミュウツー&ミュウGX」で使う技の候補としても一級品です。

こういった2進化ポケモンを主軸とするデッキは序盤の展開が肝になり、そこでもたついてしまうとそれだけでサイドレースに追いつけなくなり負けにつながることが多いです。そんな2進化デッキの救世主が「リーリエのピッピ人形」です。このカードは様々な使い道が存在するので、今回紹介するデッキにもちらほら出てきますが、このデッキの場合は序盤の時間稼ぎが主な役割です。HP 30なのですぐに倒されてしまいますが、倒されたら倒されたで「メイ」を使って一気に巻き返すことができます。

準備が整ったところでいよいよ「ソルガレオ&ルナアーラGX」の出番です。「コズミックバーン」のような強力な技がいきなり使えるというのがトランス系のデッキの恐ろしいところなので、切り札は最後までとっておくとはまさにこのことではないでしょうか。

サナエルレシルヴァディ

サーナイトオクタンというデッキタイプをご存知でしょうか?XYとSMのカードが混在していた頃に活躍したデッキで、2017年の日本チャンピオン決定戦でも結果を残しました。

新カードにオクタンの特性「アビスハンド」と同じ効果を持つ「シルヴァディGX」が登場しました!さらにこのシルヴァディはオクタンと違い、バトルポケモンとしても採用できるワザを持っているため、ダブル無色エネルギーを採用するデッキにはすんなり入れることができそうです。サーナイトGXのワザ「インフィニットフォース」はダブル無色エネルギーとの相性も良いためこれまたGOOD!加えて新カードにダブル無色エネルギーで動く「エルレイド」の登場でGREAT!エルレイドの特性「デュアルタイプ」とサーナイトGXで多くのデッキに弱点をつくことができる上、シルヴァディGXは「メモリー」カードを使用することでタイプを変えることができ、さらに対応範囲が広がりEXCELLENT!

サンプルデッキはこんな感じ。

フェアリータイプのラルトスと新しく登場した超タイプのラルトスを両方採用することで、「オーキド博士のセッティング」でラルトスを2体並べることができます。序盤はディアンシーの「きらめくいのり」でベンチを着実に育てます。先ほどのデッキと同様に序盤の準備段階が弱点のふしぎなアメを採用する2進化デッキにもってこいなのがメイです。序盤のまだ育っていないポケモンやディアンシーのようなサポートポケモンが気絶したときに使えれば、一気に戦闘準備を進めることができると思います!

どたんばドリュウズ

新弾の最も注目すべき非GXポケモンが「ドリュウズ」です!

条件を満たせば1エネ180、満たせないときは1エネ120

1進化の1エネワザでこれっていいんですか!?!?

サンプルデッキはこんな感じ。

ドリュウズの「どたんばタックル」の条件は山札を極限まで掘ること。掘って掘って掘り進むためのカードをふんだんに採用。「ダートじてんしゃ」と「ジャッジマンホイッスル」と新カードの「ヤーコン」で一気に山札を掘り進む!

このデッキのやることは案外簡単。

  1. たねポケモンをいっぱい並べる
  2. 山を掘って掘って掘り進める
  3. 少ない山札を維持する

ポケモンカードはもちろん山札切れ負けが存在するので、自分の番を終える際には山札を1枚は残しておかなければなりません。そのため山札に戻す効果のあるカードを多く採用しています。「フィオネ」は自身を山札に戻すことができるため、山札切れの心配がありません。このデッキのピッピ人形はフィオネと同様に、山札に戻す効果が採用理由です。ただし、フィオネは相手にベンチポケモンがいない場合山札に戻ることはできず、ピッピ人形はバトル場にいる場合でないと山札に戻ることができない点は注意が必要です。「タケシのガッツ」と「ルザミーネ」を採用しているためどんなにバトルが長引いても山札を増やす手段自体はなくならないようにしています。

どっすんハガネール

ダブル無色エネルギー1枚で使える青天井火力がやってきた!新カード「ハガネール」の登場により「かいじゅうマニア」が激強カードに!

このデッキはいかに相手を一撃で倒すかにかかっています。中途半端な削りを続けていると、火力がもちません。そのため今回は「ムキムキパット」よりも「こだわりハチマキ」を多く採用しています。このハガネールの「どっすんフォール」やズガドーンGXの「ビックリヘッド」のような50の倍数の技はこだわりハチマキがあると便利な場面が多いです。HP180、HP210、HP270……。なんだかよく目にする数字ではないですか?これらのHPのポケモンを倒しやすくなるのでハチマキがいかに重要かがわかるかと思います。

「カウンターゲイン」についてですが、これは対戦中に1度イワークのワザ「ほりあてる」でトラッシュのダブル無色エネルギーを回収するターンがあってもいいかなと思い採用しました。今回のような基本エネルギーを採用していないハガネールデッキにはぴったりだと思います。

作ってみた感想は、ハガネールのタイプを活かして「鋼鉄のフライパン」や「フルメタルーウォールGX」で耐久をあげたり、別の逃げる4のポケモンを採用したりと、カスタム性のあるポケモンだなと思いました。

ピッピ人形+エビワラー

ここまででピッピ人形の使い方として

  • 進化デッキの序盤のテンポロスの解消
  • 山札切れの解消

の2点を採用理由としたデッキがありました。最後に紹介するのがピッピ人形が主軸となるデッキです。エビワラーの「ヒット&アウェー」でひたすらピッピ人形を差し出します。相手がこちらのベンチを6回以上呼ぶことができない場合は、単純計算で、ピッピ人形4体+非GXポケモン6体の計10体を相手にしなくてはいけないことになります。その10体が気絶させられる前にヒット&アウェーだけで倒しきってしまおうというのがコンセプトです。

サンプルデッキはこんな感じ

このデッキはメイが使えれば、技を継続するという最低限のことは可能になります。ピッピ人形が倒された場合は、エビワラーを持ってくる必要がなくなるため、ポケモンにも余裕が出てきます。ゆっくりでも着実にガオガエンを育てにいきましょう。ガオガエンは特性「ストロングエール」でエビワラーを強化してくれます。次に「ナマコブシ」ですが、これは4枚目以降のピッピ人形として採用しています。特性「とびだすなかみ」で自身を気絶させた相手に60ダメージ与える効果があるためただではやられない”いぶし銀の強さ”があります!

参考までに、このデッキのエビワラーのヒット&アウェーの最高打点は150です。

(ワザ30+ストロングエール30+プリンセスエール20+ハチマキ30+道場40)

最後に

ここまでご覧いただきありがとうございます。構築デッキに大きな影響を与えるのがミラクルツイン以来だと考えると2ヶ月ぶりですね。1ヶ月ごとに新弾が出るという感覚にも慣れてきてしまったせいか、構築強化が少し焦らされただけで待ちきれない気持ちでいっぱいでした。ドリームリーグでは私の大好きな非GXポケモンと2進化ポケモンが強化され、まさに夢のあるパックになっていて、TAG TEAMの環境も変わりつつあるこの時期に素晴らしい強化拡張だと感じました!本記事で紹介したのはほんの一部で、まだまだ隠れた強化を受けたカードもあるかと思います。今回触れていないカードについても是非考察してみてください!ではまた次回がありましたらその時もよろしくお願いします。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です